「華こづち」とは
お問い合わせはこちら

「華こづち」とはお色直しの入場における、ドライアイスを使った新しい演出です。
あらかじめ、こづちの中に細かく砕かれたドライアイスを仕込み、卓上にあるお湯の入った器に向かってこづちを振り出すと、不思議な煙が発生!
さらに水に触れると光りだすLEDライトも合わせて器に入れる事で、光の煙となります。

また、ゲスト参加により、全卓一斉にこづちを振れば、盛り上がること間違いナシ!
演出が終わった後に残るのはただの水なので、安全性も抜群です。


実用新案登録済 第3154898号

使用する小槌は縁結びの出雲大社の地でつくられた
だいこく様ゆかりの特製こづちです。
ケヤキの木でできた風格溢れるこづちが二人の幸せを
呼び込みます。

尚、こづちの口には丁度良い量のドライアイスが出るように、また、散らばらないように特製の弁が付いていますので安心です。

特に和装での新婦が持つと、とっても可愛らしいでしょ^^

「ご両家・友人との絆」

メイン演出では、ご友人またはご両親にも参加して頂き、掛け声とともに、一斉にこづちを振っていただきましょう!

「えい、えい、えい〜〜〜!!」

大きな歓声と共に魔法の煙がモクモク〜〜
お二人がアクアキャンドルを注ぎ込むと、幸せの光が眩しい程に輝き出します。
煙に反射して、一層大きな光が会場全体を照らします。
お互いのご両親やご親族に参加してもらえば、ご両家の絆が生まれる感動のシーンとなります。
ご友人に参加して頂いても盛り上がりますよネ^^

使用する、台座とグラスにもこだわりが!
特注の八角形の枡(マス)に黒漆を塗りこんだ華こづち専用の台座です。もちろん、純日本製です。
風水では、八角形は、八方位を表すと考えられ、陽が円形、陰が四角を指すのに対し、陰と陽の中間の形であると考えられているそうです。
八方位、つまり東、北東、北、北西、南東、南、南西、西を示す八角形はその8つの方向に広がる形、つまり宇宙の形であるとも言われているそうです。
陰と陽の中間である八角形は鬼門に対して柔軟に対処できる。
すなわち八方位に気を配り、エネルギーを引き寄せ、守りを置いて身を守ることが出来ると言われています。

「華こづち」はグラスは円形、・足は四角、そして台座の受けは八角形で構成しました。
つまり、「華こづち」は陽・陰・そして宇宙をも取り込んだ、とっても縁起のよい演出なんですネ!!

華こづち 各卓の台(和風)
華こづち 各卓の台(洋風)
お問い合わせはこちら